データ復旧サービスTOP | サイトマップ

ファイル、フォルダが見えない、開かない、破損されたときのデータ復元

ファイル(フォルダ)が見えない、開かない

ファイル、フォルダが見えない、開かない

ファイル(フォルダ)が見えない、開かない

ファイル(フォルダ)が見えない、開かない

ファイル(フォルダ)が突然見えなくなったり、クリックしても開かなかったり、もしくは、開いたファイルが文字化けなど破損している場合です。

原因としてはファイルシステム情報(データの種類・容量・場所などに関する情報)の損傷かファイル自体の破損が考えられます。このような、ファイルシステム(Filesystem)、ファイル(File)損傷の原因としてはウイルス感染、不良セクタの発生などが挙げられます。



ファイルシステム情報の損傷は損傷された情報を修復し、その情報に基づき、データの構造を復元、データを取り出します。
コンピュータウイルスが損傷の原因だった場合は、復旧データからウイルスを退治・治療します。
また、損傷メディアが外付けHDD・USBメモリなどだった場合パソコンにも感染の疑いがあるため、その対策が出来るようにお客様に報告をいたします。
ファイルに直接的な損傷が発生した場合は、復旧は難しいです。

不良セクタの調査

注意事項

*USB関連装置の場合、本体から離すときは「ハードウェアの安全な取り外し」機能を利用してください。

*ウイルス感染の疑いがあるとき、ウイルス退治せずそのままメディアを送ってください。

関連復旧事例



復旧事例をもっと見る

代表的なよくある症状

24時間専門スタッフの無料相談
PCからサーバー、論理障害から物理障害まで。まずはお問合せください。
WEBお問い合わせ
復旧お申し込み
データ復旧までの流れ
24時間365日お問い合わせ頂けます。24時間365日お問い合わせ頂けます。
当日受付も可能!渋谷駅から徒歩1分->AccessMap